wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

【サンフランシスコ観光に必須】ClipperカードをiPhone(Apple Pay)で使う方法

2022年11月にサンフランシスコへ旅行に行ってきました。

その際に利用した交通系ICカードClipperカードをiPhoneのApple Payに登録して利用する方法をご紹介します。

Clipperカードとは

Clipperカード(クリッパーカード)とは、サンフランシスコとその周辺地域で利用できる交通系ICカード(日本のSuicaやPasmoみたいなもの)です。

サンフランシスコとその周辺地域の公共交通機関である

  • ケーブルカー
  • Muni(地下鉄、バス)
  • Caltrain
  • BART

などで利用でき、公共交通機関が発達しているサンフランシスコ観光には必須なカードです。

こちらがケーブルカーとMuniバス。

CaltrainとBARTです。

従来は物理的なカード型だったのですが、2021年からApple Payに対応し、iPhoneで使うことができるようになりました。

iPhoneへの導入方法

iPhoneへの導入はとてもかんたんで、数分で完了します。ちなみに、日本にいる段階でも導入可能です。

まず、iPhoneのウォレットアプリを起動します。

右上の「+」ボタンを押します。

ウォレットに追加画面に遷移するので、「交通系ICカード」を選択します。

そして、アメリカ合衆国の欄にある「Clipper」を選択します。

「続ける」を押下すると、

金額設定画面になるので、好きな金額を設定して右上の「追加」ボタンを押して完了です!

ちなみに、チャージはApple Payに登録しているクレジットカードからチャージ可能です。

日本のクレジットカードも利用できるようで、今回は三井住友カードでチャージしました。

導入完了後

導入が完了すると、ウォレットアプリ内で残高と利用履歴が確認できるようになります。

まとめ

Clipperカードは、サンフランシスコ観光に必須なカードです。

物理カードの場合、券売機で購入・チャージする必要がありますが、iPhoneのApple Pay版のClipperカードを利用すれば、渡航前に設定でき、またクレジットカード経由でいつでもチャージできるので、券売機の前で悩むことなく対応できます。

ぜひ、サンフランシスコにご旅行の際は、Apple Pay版のClipperを利用してみてください!

サンフランシスコのホテル予約はExpediaで

(プロモーションが含まれています)

ホテル予約サイトはこの世に無数にありますが、私はよく海外旅行時のホテル予約にはExpedia(エクスペディア)を利用しています。

Expediaはホテルを探す際の絞り込み機能が充実しているなと感じており、特に以下の絞り込み条件をよく利用します。

  • ゲスト評価:非常に良い(8以上)
  • 宿泊施設クラス:星3以上
  • 宿泊施設のキャンセルオプション:「全額返金可の宿泊施設」にチェック

特に最後の全額返金されるキャンセルオプションは個人的に必須です。海外旅行、とくに始めていく場所では観光の計画を立てるにつれて、こっちのほうが観光地が近いな、こっちのほうが治安が良さそうだな、などと泊まりたい場所が変わることが多くあるためです。そのため、多少料金が割高でも、無料でキャンセルできるオプションで予約するようにしています。

サンフランシスコ観光はネットで事前予約がおすすめ

(プロモーションが含まれています)

サンフランシスコで観光を楽しむには事前のネット予約がおすすめ。KlookKKdayでは、サンフランシスコの観光地のチケットや現地ツアーが予約できます。もちろん日本語でも予約可能です。

これらのサイトを眺めるだけでも、サンフランシスコにはこんな観光スポットもあったのか!などと、新しい発見があるかもしれません。個人的には、旅行の計画段階でも訪れてみる価値あり、のサイトだと思います。