wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

ソーセージ愛好家必見: ドイツ・フランクフルトの名物店での味わい

2023年1月のヨーロッパ周遊旅行において、ドイツ・フランクフルト滞在しております。今回は、フランクフルトの人気ソーセージ店Baseler Eckで名物ソーセージを堪能してきました。

Baseler Eck

人気ソーセージ店Baseler Eckにやってきました。

Baseler Eckはフランクフルト中央駅から歩いて7分ほどの位置にあり、アクセスがしやすいです。今回宿泊していた東横インフランクフルト中央駅前からも歩いてすぐの距離にあります。

maps.app.goo.gl

店内は非常に落ち着いた雰囲気で、それほど混雑しておらず、ゆっくり過ごすことができそうです。

名物のソーセージを注文

このお店の看板メニューはソーセージですので、ソーセージメニューの一つThüringer Bratwurst(チューリンガーソーセージ)と、スープを注文。ちなみに日本人の来店も多いのか、日本語メニューもありました。

まず最初にスープが出てきました。ちょうどよい塩味で優しく美味しい味です。

そしてメインのThüringer Bratwurst(チューリンガーソーセージ)です。このチューリンガーソーセージ、調べてみると、ドイツ・チューリンゲン州の名物ソーセージのようです。

ソーセージの左右には、それぞれザワークラウトとマッシュポテトが添えられています。この一皿で野菜、タンパク質そして炭水化物が揃っており、バランスが良さそうな一皿ですね。

味はちょうどよい塩コショウの味と、少しハーブのような香りもして美味しくいただきました。

調味料としてマスタードも用意されています。

マスタードをつけると味が変わってまた美味しいです。

美味しくいただき、チップを含めて17.16ユーロでした。

店主は航空マニア?

店内の壁一面には航空ステッカーがぎっしりと貼られていました。店主の方は航空マニアなのかもしれません。私も旅客機好きとしてテンションが上ってしまいました。この壁はこの店のもう一つの名物と言えるでしょう。

さて、この中に日本の航空会社ANAとJALのステッカーも含まれています。探してみてください。

正解は、、、こことここです。

まとめ

今回始めてのドイツ滞在だったのですが、本場ドイツでソーセージを堪能するという目標が達成できました。味もおいしくお店の雰囲気も落ち着いておりとても良い思い出になりました。フランクフルト中央駅の近くにあるため、フランクフルト滞在時、中央駅付近に宿泊している場合は一度は訪れることをおすすめします。

フランクフルトのホテル予約はExpediaで

(プロモーションが含まれています。ぜひ、以下のリンクをご利用いただき、このブログを応援いただけると嬉しいです。)

ホテル予約サイトはこの世に無数にありますが、私はよく海外旅行・出張時のホテル予約にはExpedia(エクスペディア)を利用しています。

Expediaはホテルを探す際の絞り込み機能が充実しているなと感じており、特に以下の絞り込み条件をよく利用します。

  • ゲスト評価:非常に良い(8以上)
  • 宿泊施設クラス:星3以上
  • 宿泊施設のキャンセルオプション:「全額返金可の宿泊施設」にチェック

特に海外旅行において、最後の全額返金されるキャンセルオプションは個人的に必須です。特に初めて訪れる場所では観光の計画を立てていくつれて、こっちのエリアのほうが観光地から近いな、こっちのエリアほうが治安が良さそうだな、などと泊まりたい場所が変わることが多くあるためです。そのため、多少料金が割高でも、無料でキャンセルできるオプションで予約するようにしています。