wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

【釜山】東横イン 釜山西面に泊ってきた!1泊5千円でコスパ最強!

2019年11月に、韓国釜山にあるホテル 東横イン釜山西面に宿泊してきましたので、その様子をご紹介します!

東横イン釜山西面の場所

東横イン釜山西面は西面駅から東に500mほどの場所にあります。

釜山の金海空港から西面駅への行き方は、過去の記事で紹介しています。

西面は屋台や飲食店がたくさん並ぶ繁華街ですので、夜遅くまで釜山を満喫できます。

さらに、ホテルの向かいにはNC百貨店 西面店があり、気軽に買い物ができます。

たくさん買ってもホテルが向かいなので、重い荷物を持って歩く時間も短く、安心です。

このように、東横イン釜山西面は立地が最高のホテルです!

チェックイン!

チェックインは通常は16:00から可能です。

東横インクラブという東横インの有料会員の場合は、15:00からチェックインできるそうです。

この東横インクラブは日本でも釜山でも、世界中の東横インで利用可能だそうで、当日の入会でもOKということでした。

ただ、私は普段は東横インを使うことがほぼ無いので、今回は入会をパスさせていただきました。

16:00まで時間があったので、ロビーのソファーで休憩。

チェックイン前の荷物預かりのサービスもあるみたいです。

部屋紹介!

今回宿泊したのはシングルの部屋です。

ベッドの大きさはセミダブルかな?

テレビはLG製で、ペットボトルの水が1本いただけます。

バスルームはいたって普通のユニットバス。

シャンプー等は備え付けで、

歯ブラシもあります。

そして、ハンガー掛け。

よくあるビジネスホテルと思っていただいて大丈夫と思います。

また、コンセントは日本と同じ型のものがありました。

電圧は220Vか110Vかわかりませんが、一般的なAVアダプタであれば大丈夫と思います。

それから、海外では特に重要なセキュリティボックス。

電子式なので、鍵を持ち歩く必要はなく、楽です。

大きさはそこまで大きくなく、ノートPC(Macbook pro 13インチ)は5cmくらいはみ出ました。。。

ノートPCくらいの大きさの貴重品を部屋で保管する方は、スーツケースとセキュリティワイヤが必須です。

ちなみに、無料のWi-Fiもしっかり利用できました。

YouTube鑑賞も問題無しのスピードでした。

部屋は全体として清潔感があり、気になるところはありませんでした。

特に、今回は喫煙ルームで、匂いが心配だったのですが、清掃が行き届いているのか、全く匂いは気になりませんでした。

朝食が種類豊富&美味しい!

今回、朝食が無料ということで、翌日の朝に食べてきました!

朝食は、ビュッフェ形式です。

まずはご飯。

これは、プルコギ。

キムチとカクテキ。

そして、きゅうり?のお惣菜と、パンプキンサラダ、ブロッコリー、一番奥はウィンナーです。

生野菜とオレンジゼリー。

あとはもやしスープ。

これはしっかり辛かったです。

パンやオレンジジュースもありました。

1周回って、盛り付け完了!

ご飯には韓国のりがかかっています。

(盛り付け方が下手で、本当にすみません!)

ということで、種類が多く、韓国の味も味わうことができ最高の朝食でした!

コスパが最強

上記で東横イン釜山西面をつらつらと紹介してきましたが、まとめると「立地・部屋・朝食」がどれも良いホテルでした。

にもかかわらず、とても安いです。

今回の宿泊費は1泊 4,824円 でした!!

安すぎますよね。。。

もちろん、時期によって多少の前後はあると思いますが、約5千円で泊まれて、立地もよく、部屋もきれいで、朝食付きというホテルは初めてでした!

まとめ:釜山観光にもってこいのコスパ最強ホテル

釜山は日本からも近く、LCCで気軽に行ける海外の一つです。

海外旅行におけるホテルは、飛行機の次にお金がかかりますが、今回の東横イン釜山西面を利用すれば、立地や部屋、食事などを妥協せず、かつなるべくお金を掛けずに海外旅行が楽しめます!

次、釜山を旅行する際は、また利用すると思います。

釜山旅行の続き記事はこちら👇

kwwwww.hatenablog.com

その他の韓国関連記事はこちら

釜山観光はネットで事前予約がおすすめ

(プロモーションが含まれています。ぜひ、以下のリンクをご利用いただき、このブログを応援いただけると嬉しいです。)

釜山観光を成功させるには事前のネット予約がおすすめ。KlookKKdayでは、釜山やその周辺にある観光地のチケットや現地ツアーが日本語で予約できます。

これらのサイトを眺めるだけでも、釜山のホットスポットはどこ?何が有名?などという疑問を解決できます。旅行の計画段階でこれらのサイトを眺めながら気になったページをブックマークしておき、実際に行くことになったら申し込む、という使い方もおすすめです。