wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

【最新版】仁川空港T1のプライオリティパス対応ラウンジを総まとめ解説!

この記事では、韓国の仁川国際空港第1ターミナルにあるプライオリティパス対応ラウンジ3箇所をまとめてレビューしていきたいと思います。

  • シャワーはある?
  • ラウンジの雰囲気は?
  • 食事のメニューは?

など、空港のラウンジ利用において気になるポイントを押させて解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

仁川空港第1ターミナルにあるラウンジ

2024年現在、仁川国際空港の第1ターミナルの制限エリアには、3種類のプライオリティパス対応ラウンジ(アシアナビジネスラウンジ、マティーナラウンジ、スカイハブラウンジ)があります。

以下にそれぞれ解説してまいります。

Asiana Business Lounge(アシアナビジネスラウンジ)

基本情報

アシアナビジネスラウンジは第1ターミナルに3箇所(East, Central, West)あり、営業時間がそれぞれ異なります。Wi-Fiや食事、シャワーなどが提供されています。

ここで一つ注意点があります。プライオリティ・パスでこのアシアナビジネスラウンジを利用できるのは「アシアナ航空またはスターアライアンス便の利用時のみ」であるということです。日本の航空会社の中ではANAがスターアライアンスに所属しており、少なくともアシアナ航空やANAを利用する場合はプライオリティパスでラウンジを利用できます。一方、アシアナ航空かスターアライアンス加盟航空会社(ANAなど)以外の航空会社の便を利用する場合は、プライオリティ・パスを持っていても、このラウンジを利用できないことにご注意ください。

  • 営業時間:
    • East:午前7時~午後8時(East)
    • Central:午前6時~午後10時(Central)
    • West:午前6時~午前0時30分
  • Wi-Fi:あり
  • 食事:あり
  • シャワー:あり
  • プライオリティ・パス:利用可。ただし、アシアナ航空またはスターアライアンス便の利用客のみ

アシアナビジネスラウンジ(East)入口

ラウンジ内の様子

アシアナビジネスラウンジは、非常に落ち着いた雰囲気のラウンジです。これまでに早朝〜朝、または昼の時間帯に利用したことがありますが、いずれの場合もそれほど混雑している様子はなく、座席に座ってゆっくりと過ごすことができました。

ラウンジからは第1ターミナルのエプロンに駐機している飛行機を眺めることができます。アシアナ航空の機体がたくさんありますね。

ラウンジからの眺め

食事

食事はビュッフェ形式で提供されています。ここでは、まず2024年の1月に訪れたときに提供されていたメニューをご紹介します。

ビュッフェカウンター

まず印象的だったのがカップ麺。韓国のラウンジではよくカップ麺が提供されています。このアシアナビジネスラウンジも例外ではありません。新ラーメンとうどんのカップ麺が提供されていました。うどんの方は辛くないので、辛いものが苦手な方でも美味しく食べられるかと思います。

カップ麺

そして揚餃子とチャーハン。この2つも空港ラウンジで比較的よく提供されているメニューかと思います。

揚餃子とチャーハン

その他にも炒め物や揚げ物が提供されており、好きなものを選んで楽しむことができます。

ズッキーニとキノコの炒め物、スクランブルエッグ

フライドポテトとチキン

また、サラダも提供されており、旅行や出張時に不足しがちな野菜を接種することができ、助かります。

サラダバー

2024年5月に再訪した際には、異なるメニューが提供されていました。常連さんを飽きさせないよう、時間とともにメニューは変わるのかもしれません。

2024年5月に提供されていたメニュー

シャワー

アシアナビジネスラウンジのシャワールームはホテルのような高級感のある作りになっています。ガラス張りのシャワーに、落ち着いた色合いの石でできた床、大理石?でできた洗面台が印象的です。またトイレ自体もウォシュレット付きです。

シャワーを利用したい場合は、受付で申し出るとカードキーを受け取ることができるので、そのカードキーを利用して指定されたシャワールームに入ります。

シャワールーム

洗面台

Martina Lounge(マティーナラウンジ)

基本情報

マティーナラウンジは11番搭乗口付近と43番搭乗口付近の2箇所にあります。営業時間は同じですが、11番搭乗口側のラウンジのみ、シャワーが提供されている点がポイントです。

  • 営業時間:午前7時~午後10時
  • Wi-Fi:あり
  • 食事:あり
  • シャワー:あり(11番搭乗口近くのラウンジのみ)
  • プライオリティ・パス:利用可

マティーナラウンジ(11番搭乗口近く)の入口

ラウンジ内の雰囲気

今回は、11番搭乗口側のマティーナラウンジを利用したので、そこでの体験談をご紹介します。

ラウンジに入ってまず気づいたことが、全体的に明るく、家族連れも多い賑やかな雰囲気であることです。小さいお子さんを連れた方も、他のラウンジに比べて多い印象です。お子さんが多少騒いでしまっても問題ない雰囲気なので、ファミリー向けのラウンジなのかもしれません。

マティーナラウンジ内の雰囲気

食事

このマティーナラウンジでは、アシアナビジネスラウンジとは異なり、韓国料理も提供されていたことが印象的でした。

まずは、好きな具材を盛り付けてビビンバを作ることができる、ビビンバ具材コーナーです。ナムルやキムチ、そしてごはんが用意されており、好きな具材でビビンバを作ることができます。

ビビンバの具材コーナー

そして、大人気韓国料理の一つ、トッポギも用意されています。

トッポギ

こちらのフライも韓国料理なのかな。左側の黒いフライはキムマリ(春雨を海苔で巻いたもののフライ)だと思います。

フライ

韓国の定番スープ、わかめスープ。

わかめスープ

そして、ここでもカップ麺。チャパゲティ(ジャージャー麺)とセウタン(エビのカップ麺)が用意されています。

カップ麺

他にもチャーハン、フライドチキン、ソーセージとベーコン、パスタなどのビュッフェの定番メニューも用意されています。

エビチャーハン

フライドチキン

ソーセージとベーコン

パスタ

こちらはサラダコーナー。旅行中の体調管理にはビタミンも大事。ということでラウンジにサラダがある場合は、積極的に野菜を接種するように心がけています。

サラダコーナー

パン、ケーキ、フルーツも充実しています。

パンコーナー

ケーキとフルーツコーナー

また、ソフトドリンクも充実しています。写真を取り忘れてしまいましたが、ビールやワインなどのアルコールドリンクも提供されています。

ソフトドリンクコーナー

Sky Hub Lounge(スカイハブラウンジ)

基本情報

スカイハブラウンジは11番搭乗口付近と42番搭乗口付近の2箇所にあります。営業時間や営業内容が異なることが注意店です。また、スカイハブラウンジにはシャワーがありません。

  • 営業時間:
    • 11番搭乗口近く:午前7時~午後10時
    • 42番搭乗口近く:毎日24時間。ただし、午後9時30分〜午後10時の間は閉館。また、午後10時〜翌午前6時30分の間は限られた軽食とお飲み物のみの提供
  • Wi-Fi:あり
  • 食事:あり
  • シャワー:なし
  • プライオリティ・パス:利用可

ラウンジ内の雰囲気

ラウンジ内には暖色系の照明が使われており、全体的に静かで落ち着いた雰囲気の印象です。テーブルは大理石調で、椅子のフレームは金色と、高級感を感じさせます。

ラウンジ内の雰囲気

ラウンジ内の雰囲気2

この雰囲気は、家族連れも多い賑やかな雰囲気のマティーナとは対照的だな、という印象を受けました。このスカイハブラウンジは静かな落ち着いた時間を過ごしたい人向けのラウンジなのかもしれません。

食事

このスカイハブラウンジも韓国料理が充実しています。

こちらは韓国のおでんです。おでんと言っても日本のおでんとはことなり、韓国でおでんというのは、魚のすり身の串刺しをスープの中で煮たものとなっています。辛くないおでんもあるのですが、このラウンジのおでんはコチュジャンベース?の辛そうな真っ赤なタレで味付けされています。

韓国おでん

おでんの隣には、キムマリとさつまいもフライ(天ぷらといったほうが近いかも)が並んでいます。キムマリとは春雨の束を海苔で巻き、それをさらに天ぷらのように揚げた韓国料理です。韓国の春雨は一本一本が太めで、もちもちしているのが特徴です。

キムマリとさつまいものフライ

そして、わかめスープ。

わかめスープ

また、ビビンバを作ることができる具材も用意されています。この近くにはごはんも用意されているので、好きな具材と右手前にあるタレを利用してビビンバを作って楽しむこともできます。

ビビンバの具材

そして、またまたここでもカップ麺。このラウンジでは辛ラーメン、チャパゲティ(ジャージャー麺)とうどんのカップ麺が用意されています。

カップ麺

韓国料理の他にもチャーハンやからあげ、炒め物や揚餃子など、日本でも親しみのある料理も並んでいます。

チャーハンとからあげ

肉と野菜の炒め物と揚餃子

かぼちゃのスープも用意されていました。

かぼちゃスープ

サラダも充実しています。

パスタとサラダ

ポテトサラダ

カリフラワーのサラダ

デザートには、フルーツやケーキも楽しむことができます。

フルーツ

ケーキ

こちらはお酒コーナー。私は飲めないのですが、このようにお酒の瓶が並んでいるところを見るのが好きです。画になります。

また、このラウンジにはカクテルのレシピ(写真右側)が置かれていました。これは珍しいかもしれません。

お酒コーナー

まとめ:結局、どのラウンジが良い?

どのラウンジを利用すべきか?は目的に応じて異なりそうです。

ラウンジ シャワー 韓国料理 雰囲気
アシアナビジネスラウンジ あり ほぼなし 静か
マティーナラウンジ あり(11番搭乗口側) あり 賑やか
スカイハブラウンジ なし あり 静か

シャワーを利用したい場合

出発前にシャワーを浴びてさっぱりしたい場合、シャワーを提供しているアシアナビジネスラウンジまたはマティーナラウンジのどちらかになるでしょう。

ただし、アシアナビジネスラウンジはアシアナ航空またはスターアライアンス便の利用者のみがプライオリティ・パスで利用できるので、シャワーを浴びたいけど、それらの航空会社を利用しない場合は、マティーナラウンジ一択になりそうです。

韓国料理を楽しみたい場合

韓国料理を楽しみたい場合は、マティーナラウンジまたはスカイハブラウンジがおすすめです。

この2つのラウンジでは、ビビンバやキムマリなどの韓国料理が提供されていました。一方、アシアナビジネスラウンジではチャーハンや揚餃子など韓国料理と言えなくはないものも提供されていましたが、ビビンバなどの「ザ・韓国料理!」と言えるものは見当たらない印象でした。

賑やかな雰囲気(もしくは落ち着いた雰囲気)で過ごしたい場合

お子様連れの場合など、多少賑やかになっても問題ないラウンジを利用した場合、マティーナラウンジがおすすめかもしれません。マティーナラウンジは明るい雰囲気で、家族連れも多く全体的に賑やかな雰囲気でした。

一方、アシアナビジネスラウンジやスカイハブラウンジは反対に落ち着いた雰囲気です。一人または大人同士でゆっくり過ごしたい場合は、この2つのラウンジがおすすめです。

ソウル観光はネットで事前予約がおすすめ

(プロモーションが含まれています。ぜひ、以下のリンクをご利用いただき、このブログを応援いただけると嬉しいです。)

ソウル観光を成功させるには事前のネット予約がおすすめ。KlookKKdayでは、ソウルやその周辺にある観光地のチケットや現地ツアーが日本語で予約できます。

これらのサイトを眺めるだけでも、最近のソウルのホットスポットはどこ?何が有名?などという疑問を解決できます。旅行の計画段階でこれらのサイトを眺めながら気になったページをブックマークしておき、実際に行くことになったら申し込む、という使い方もおすすめです。