wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

【韓国】大長今パーク(旧MBCドラミア)に行ってきた!

2019年3月の韓国旅行で、ソウルから少し足を伸ばして大長今パーク(旧MBCドラミア)に行ってきました!

大長今パークとは?

大長今パークは韓国のテレビ局MBCが同局で放送する時代劇の制作を用途として、整備された巨大なオープンセットです。

日本でいうと東映太秦映画村みたいな感じの場所です。

かつてはMBCドラミアという名称でしたが、MBCの大ヒットドラマ「大長今(邦題:チャングムの誓い)」から、現在の「大長今パーク」へ変更になったそうです。

現在は、MBCが時代劇を制作していないため、他局(SBSなど)に貸し出しているそうです。

大長今パークの場所

大長今パークは韓国のソウルから少し離れた、龍仁市(ヨンイン市)にあります。

時代劇の撮影を目的としていることもあり、周囲に現代的な建物(ビルや駅など)がなく、山に囲まれた環境が必要で、ソウルではなく、龍仁市に作られたそうです。

そのため、便利なソウル地下鉄で行くこともできず、行き方はバス乗り継ぎ OR 車となります。

今回は、VELTRAの大長今パークツアー(送迎付き)で行きました。

バス乗り継ぎでも良かったのですが、調べてみると結構面倒そうで、ツアー料金もそこまで高くない(5000円強)、かつ送迎付きでったので、ツアーで行くことにしました。 (末尾のまとめにも書いてありますが、ツアーガイドをお願いして正解でした!)

ちなみに、大長今パークのバス停の時刻表はこの通り、1時間に1本あるかないかです。

大長今パークの入り口付近

まず、入り口にある大きな壁には、MBCの有名時代劇の登場人物が描かれています。

中央の二人は大ヒットドラマ「トンイ」のお二人ですね。

そして、登場人物の等身大パネルがズラリ!

大長今パークの全体はこんな感じです。

Wikipediaによると、総面積は約2.5km2で、これは東京ドーム(0.047 km2)約53個分の広さですね。

広いかつ屋外で、さらには高低差もあるため、真夏の見学は厳しいかもしれません・・・

大長今パークの中に入る!

いよいよ、大長今パークの中をご紹介していきます!

今回は、ツアーガイドさんがいたので、そのツアーで訪れた場所の順番でご紹介します。

はじめに、大長今パークの奥にある地下牢のセットに行きました。 この洞窟はオクニョの撮影で使われていたそうです。劇中では典獄署の地下にあり、主人公オクニョの師匠パク・テスが囚われていた場所ですね。

ここは(おそらく)パク・テスが囚われていた牢屋だと思います。 オクニョが度々来ていた場所ですね。

ちなみに、実際に地下にあるのではなく、入り口はこんな感じで、地上にあります。

続いては、この高台にある展望デッキ?

ここは、多くのドラマで登場している気がします。

オクニョだと、オクニョと王様が逃げているときに、的に囲まれ王様が応戦した場所だったと思います。

この高台からの見晴らしはすごい!

本当にタイムスリップしたみたい

下に降りると民家があります。

近づいてみると、トンイやオクニョが住んでいそうです!

ここもトンイやオクニョが通っていたような・・・?

その近くには、見覚えのある酒場が!!

トンイと王様が2人でお酒を飲んでいたところですね。

ドラマでよく見る町並みですね!

野菜や道具なども本物が置いてある! (野菜はやや腐り気味...)

続いて、義禁府(ウィグムブ)です。義禁府は罪人を取り調べる(拷問)するところです。

よく見る、先が3つに割れたフォークみたいな武器があります。

先ほどとは異なる、町並みに来ました。 この茅葺き?屋根の家はトンイの息子クムが屋根から落ちるシーンが撮影されたそうです。

他には、こんな感じの邸宅や(どこかで見たことある気がする...

明からの使者をもてなすための、太平館もあります。

ここは、トンイが出てきそう!!

どなたかの寝殿の入り口でしょうか。ドラマではよく官女が待機してますよね。

この橋はトンイでチャン・オクチョンが息子を呼び止めるシーンで使われていた気がします(うろ覚えですが)

そして、ついに仁政殿!! 政治をするところです。

中には龍の絵が描かれています。

洗濯場です。トンイが洗濯してそう!

この入口もトンイが出てきそう!!

ここは、オクニョがユン・テウォンに正体がバレてしまう場所(ユン・テウォンが刀でオクニョの覆面を切るシーン)でしょうか。

そして、ここはオクニョが生まれ育った典獄署 (裁かれる前の罪人を捉えておく場所)です!

オクニョが罪人に囲まれながら歩いているのが目に浮かびます。

牢屋の鍵ちゃんとあります。

そして、オクニョで素素楼(遊郭)だった場所もありました。

まとめ:ガイド付きでの見学がおすすめ!

大長今パーク、最高でした!

私は、トンイ、オクニョしか韓国の時代劇を見たことがありませんでしたが、十分に楽しめました!

初めての方はガイド付きツアーをおすすめします。

その理由は、ツアーガイドさんは、私の見たことがあるドラマ(トンイとオクニョ)に合わせて、「ここはトンイの〇〇のシーンが撮影された」などと説明してくださるからです。

ドラマの細かな部分はうろ覚えだと思います。

しかし、ガイドさんが説明くださると「あぁ〜!」と、ドラマを思い出しながら楽しめます!

送迎もついて楽ですしね。

韓国の時代劇が好きな方は、ぜひガイドツアーを申し込んで行ってみてください!!

その他の韓国関連記事はこちら

ソウル観光はネットで事前予約がおすすめ

(プロモーションが含まれています)

ソウル観光を成功させるには事前のネット予約もおすすめ。KlookKKdayでは、ソウルやその周辺にある観光地のチケットや現地ツアーが日本語で予約できます。

これらのサイトを眺めるだけでも、最近のソウルのホットスポットはどこ?何が有名?などという疑問を解決してくれることでしょう。個人的には、旅行の計画段階でも訪れてみる価値あり、のサイトだと思います。