wakamaga - 旅行マガジン

社会人6年目がお送りする旅行体験記

【韓国】Nソウルタワーに行ってきた!没入型展示がおもしろい!

2019年7月のソウル旅行でNソウルタワーに行ってきたので、その様子をご紹介します!

Nソウルタワーの場所

Nソウルタワーはソウルの南山にある電波塔です。

地下鉄の駅からは離れているため、ソウルの循環バスで停留所「Nソウルタワー」まで来たあと、徒歩で向かいます。

停留所からNソウルタワーまで

停留所にとうちゃくすると目の前にNソウルタワーが見えます。

ただ、ここから少し歩きます...

こんな感じの上り坂を歩いていきます...

7月なので暑かった(汗)

しばらく進むと分岐がありますが、ここを左に入るとNソウルタワーです!

Nソウルタワーはもうすぐ!

ついに来た!

入り口から内部に入ります。

展望台の入場チケット(大人11,000ウォン)を買ってNソウルタワーの展望台に向かいます。

没入型展示 INSIDE SEOUL

展望台に向かう途中に、INSIDE SEOUL(インサイドソウル)と題する没入型展示がありました。

INSIDE SEOULは、.mill(ドットミル)というアーティスト集団(表現が適切かはわかりませんが)が手掛けた展示で、日本でいうとチームラボの展示に近いと感じました。

展示室の壁には「.mill / INSIDE SEOUL」と書かれており、この部屋全体が展示空間となります。

展示の一つに、ソウルの過去(朝鮮王朝時代)を表現していると思われる、表現がありました。

また、ソウルの未来を表現していると思われる、未来都市の表現もありました。

他にも様々な没入型展示があり、時間を忘れて楽しむことができました。

こちらに公式動画が掲載されていますので、ご興味ある方はどうぞ!

展望台へ!

没入型展示を楽しんだあとは、いよいよ展望台です!

しかし、この日はPM2.5の濃度が高いのか、視界があまり良くありませんでした...

また天気が良いときに、是非来たい!

展望台には、ギフトショップもありました。

まとめ:没入型展示は必見!あとは天気!

途中で紹介した没入型展示は、時間を忘れて見てしまうほどの展示物でした。

見れば見るほど新たな発見があり、とても楽しめました。

展望台は天気次第なところがありますが、上記の没入型展示を目的にNソウルタワーに行くのも良いと思います!

その他の韓国関連記事はこちら

ソウル観光はネットで事前予約がおすすめ

(プロモーションが含まれています)

ソウル観光を成功させるには事前のネット予約もおすすめ。KlookKKdayでは、ソウルやその周辺にある観光地のチケットや現地ツアーが日本語で予約できます。

これらのサイトを眺めるだけでも、最近のソウルのホットスポットはどこ?何が有名?などという疑問を解決してくれることでしょう。個人的には、旅行の計画段階でも訪れてみる価値あり、のサイトだと思います。